ウイスキーの聖地アイラ島を自転車で巡ってきた – Day 3

Pocket

さてさて、前回・前々回に引き続き、アイラ島がいかに素晴らしかったか、旅の詳細を書いていきたいと思います。

今回はアイラ島の旅 3日目についてです。キルホーマン、ブルイックラディのアイラ島西部を攻略します。


旅のスケジュール

スケジュール宿泊先詳細
Day 1エディンバラ (11:00) 発 → アイラ島へ
アイラ島 ポートエレン(17:50) 着
歩いて宿へ移動
自転車をレンタル
ディナー@ポートエレン周辺
Kevin’s B&B過去記事
Day 2ラガヴーリン蒸留所
アードベッグ蒸留所
ラフロイグ蒸留所
バスでボウモアへ移動
ディナー@ボウモア周辺
タクシーで宿へ移動
Stonefield B&B過去記事
Day 3キルホーマン蒸留所
ブルイックラディ蒸留所
ディナー@ポートシャーロット周辺
Stonefield B&B
Day 4ボウモア蒸留所
カリラ蒸留所
ポートアスケイグ (15:30) 発 → エディンバラへ
エディンバラ (22:22) 着

朝の壮大な景色

朝目覚めるとこの壮大な景色。清々しい。

朝食はコンチネンタルブレックファストという感じ。昨日のKevin のごはんがすでに恋しいかも。

今日は宿で自転車を借ります。このマウンテンバイクが明らかに大きくて、ギリギリ届くくらい。

とはいえ、別の選択肢はないので、しばらく乗る練習。

アイラ島西部の自転車旅スタート

今日はアイラ島西部に位置する Kilchoman (キルホーマン)、Bruichladdich (ブルイックラディ) の2つの蒸留所を巡ります。

アイラ島 ウイスキー蒸留マップ ( 画像出典: Tomoka Spirits Boutique )

本日は快晴、元気に出発です。

途中、草の中にもぞもぞと動くものを発見。近付いてみると、見た目はハリネズミ、でも結構大きい。

自転車乗りながらこうやって自然に触れ合えるのってやっぱりいいな。

まずは キルホーマン蒸留所

キルホーマン蒸留所までの道のり、なかなか険しい。舗装されていなくてデコボコしてて。アップダウンも激しくて。

それを乗り越えるとパーッとまたこの海の景色が広がって。最高。

前日にアードベッグやラガヴーリンで出会った7人組のイギリス紳士なおじさまたちとも道中で再会。お酒とサイクリング同好会のメンバーらしく、自前の自転車を持ってアイラ島に来たらしい。

記念に写真も撮って、「君たちは僕らと同じコースを辿っているようだからもう仲間だ」と言って彼らのFacebookグループに入れてくれました。素敵な縁でした。

そして、ついに。。

キルホーマン蒸留所到着。のどかなところ。

もう少し奥に進んでいくと、たくさんの樽。

中に入ってみます。

カフェで少し早めのランチ。ここにもボトルがずらり。

ここで驚いたのが、注文したご飯とともにサーブされた、このお水の色。

キルホーマンは、アイラ島の中でも一番海から遠い蒸留所。蒸留所近くにある湖からこのピーティな性格を持つお水を引いて、仕込み水として使用しているようです。一瞬麦茶が出されたかと思って驚きましたが、あり得ませんね笑

カフェの横にはショップもあります。

飲み比べもここでできました。

唯一海から少し離れたキルホーマン蒸留所、アップダウンの激しい道のりも頑張ってきてよかった。漫喫しました。

続いて ブルイックラディ蒸留所

次の目的地、ブルイックラディを目指します。

途中で出会ったポニーかわいかった。

そして着きました、ブルイックラディ蒸留所。

ショップはこんな感じ。

タイミング悪く、クローズ間際に着いてしまったので、ここでテイスティングすることに。

正直、ブルイックラディ蒸留所が造っているザ・ボタニストというドライジンが特に美味しい。今まで飲んできたジンの中でもトップクラスにい美味しい。

フィーバーツリーのプレミアムトニックウォーターが割材として一番このドライジンに適していると教えてもらいました。

ブルイックラディ蒸留所も制覇。

癒しハイランドカウ

本日の蒸留所巡りは終了。ディナーの予約をしているレストランを目指します。

海沿いにはたくさんの羊と牛。

そして出会えました。

ハイランドカウ。この前髪がたまらない。イケメン。

しばらく自転車を止めて、癒しハイランドカウとの時間を楽しみました。

Yan’s Kitchen でディナー

Stonefield B&B の ホスト Vivian におすすめしてもらった、ポートシャーロット近くの Yan’s Kitchen。

外にもテラス席があります。海がすぐそこにあって、日中ここで食べるのも気持ちよさそう。

少し肌寒くなったので店内でいただきます。

メニューはこんな感じ。

おすすめメニューも。動物たちの絵は、ついさっきまで癒されていたばかりだったから少し考えてしまう。

ここでもさっき教わったフィーバーツリーのプレミアムトニックウォーターをサーブされました。

シーフードが有名ということなのでロブスターを。写真を撮り忘れたけどオイスターももちろん。

そして大好きなスティッキートフィープディングをデザートに。

本日のディナーも大満足。

アイラ島のサンセット

帰り道に少し寄り道。すると大きな公園を発見。

どうやらここはキャンプ場らしく、海のそばでテントを張って宿泊している人も多くいるようです。そんな楽しみ方もいいな。

私たちは公園のジャングルジムやブランコで思いっきりはしゃいできました。

宿に戻ってこれた頃にちょうどサンセット。

沈んでいく美しい夕日を眺めて、今日のアドベンチャーを終えます。

明日がいよいよ最終日。

Pocket

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る