英国留学・IT × Soundに関する情報発信

Otogram

未分類

世界最大級の図書館!British Libraryの会員になる方法 Part2

投稿日:

Londonに行く電車チケットを買ったのに、課題が出てしまった…
せっかくならあのBritish Libraryで勉強しよう。

Reader Pass (会員カード)を作ってBritish Libraryへ行く話、続編です。

いざ、British Libraryへ!

土砂降りの中到着。入り口で手荷物検査を受けて、無事中に入れました。

機内持ち込みサイズのスーツケースなら持って入れます。

が、それより大きい荷物は持ち込めないので要注意です。

( Kings Cross / Euston Stationに有料ですが荷物預かってくれるところがあります。こちらのサイトを参考に。)

おーーーーー広い。ほんとに広い。

早速InformationカウンターでReader Passについて聞こう。

「Reader Passの登録したいんですけど」「あー残念だね。3分前に受付時間終わっちゃったよ。また明日来て」

たった3分前…。日本ならきっと登録してくれるんだろうけど、ここはイギリス。また出直します。

 

今度こそ…!

出直してきました。

入り口から右手に進んで、案内板に従ってUpper Ground Floorへ。

迷うことなくReader Registrationのカウンターへ到着しました。

まず、入ってすぐの受付で書類を見せます。すると、「オンラインで借りたい本の事前登録は済んでる?どんな本借りたい?」と。

何もしていなかったので、紙を渡され、すぐ右横にあったPCで借りたい本のタイトルを調べて記入してまた戻ってきてね、と指示。

ヴァイオリンや楽器音響の本をいくつかピックアップして、先ほどの受付の人に渡しました。

「書類は全部揃ってるから、今度は左横のPCでPre-registering Reader Numberを入力して、受付番号呼ばれたら写真撮ってカード発行するよ」

書類は完璧。やりました。

入力を終えると、空いていたこともあって1分程度で呼ばれ、

書類の確認、Reader Pass用の写真撮影、注意事項の説明、さらには、あなたの興味がある本はこのあたりにあるから行ってみて、と地図に印をつけて丁寧に教えてくれました。

やった!British LibraryのReader Passをゲットしました。

 

荷物を預ける

Lower Ground Floorに無料ロッカーがあります。(£1コインが必要ですが、帰るときに返却されます)

絶望。私はこの日機内持ち込みサイズのスーツケースを持っていました。

入らない…。

 

でも、British Libraryは素晴らしかった。

なんとクロークで、コートだけでなく、荷物まで預かってくれるのです。しかも無料。

まず、クロークの目の前にある透明な袋に、必要なものを入れます。

<持ち込み可能なもの>

・貴重品

・鉛筆、シャーペン

・PC (音NG)

・スマートフォン (音NG)

・カメラ (フラッシュNG)

もちろんReader Passは忘れずに。

<持ち込み不可のもの>

・コート、バッグ、傘

・ペン、蛍光ペン

・はさみ、カッター

・飲食物

 

コート、スーツケース、バッグはクロークに預けました。荷物番号カードをくれます。

 

身軽になってまずは探検

この日は土曜日ということもあって朝からすごく混んでいました。

ちなみに、これらの勉強スペースはReader Passがなくても利用できます。もちろん無料Wifiあり。トイレもきれい。

Kings CrossやEustonからすぐなので、電車までの時間をここですごすのもよさそう。

Matildaの展示もされていました。本も読んだし、ミュージカルも観た大好きな作品なので歓喜。

 

British Library内のカフェでランチ

このカフェも快適。電源のある席もいくつかあり、一際目立つKing's Library Towerを眺めながらゆっくりできます。

サンドイッチやブラウニー、ケーキ、ジュース、コーヒーなど種類もそこそこ。

値段は、ラテ £2.25、エスプレッソ £1.7、アメリカーノ £2.0と良心的。

ランチはフランスパンとスープのセット (£3.6) にしました。おいしかった。

 

ついに!Reader Passを持って書庫へ

誰でもアクセス可能な勉強スペースではなく、

本が置いてあり、かつ、静かなReading Roomへは、そう、Reader Passが必要です。

ようやく…!

ScienceエリアはFloor2, 3とのことだったので、そこへ向かいます。

入り口に怖そうなおじさん…。そこで透明な袋に入れてきた所持品とReader Passを見せます。

 

シーーーーーンとしています。かなり集中できました。

気になっていた本も見つけられましたが、私はEdinburghに戻らなければいけないので、借りれないのが残念。

 

以上、無事British Libraryの会員になることができました。

Londonに来たら毎回ここで勉強しようと思います。

 

Edinburghにもこんな図書館がほしいな

-未分類

Copyright© Otogram , 2017 AllRights Reserved.